経営改善

群馬の高崎に戻ってから4か月。
群馬の気候に体を合わせるのが大変ですね。
特にこの頃の寒さは・・・・泣きそうです
 これとした体調変化はありませんが・・・。

 

群馬と言えば温泉。有名ですね。


この温泉旅館、不景気の中、結構倒産しました。


ただ倒産しそうな温泉旅館が再生し、
生まれ変わって、生き生きとしている姿に変わったものも
見受けられます。


旅館の建物自体に手を入れ、
従前のサービスの改善しているようです。
もちろん、増える外国人宿泊の対策もとっております。


ここまでいくと、身内やお知り合いだけの知恵ではなく
やはり第3者である専門家の指導を受けていることが多いです。


でも老舗旅館の経営者の頭の中には
「伝統何百年の老舗旅館に第3者の専門家!?」
「だまされるかもしれない・・・」
経営者の頭の中はこんな状態ではないでしょうか?

 

このような経営者の方に、申し上げたいことがあります。
「その専門家とやらと納得するまで話し合ってください」
契約する前ですよ。

 

そこでその専門家が、
「理解のできない用語をまくしたてる」
「契約をしないと、それから先はノウハウなので言えない」
なんて調子なら、追い出してもいいです。


あと、別の方法もあります。
これは資金的も心理的にも余裕がある場合しかできまんかが。
「日払い」で何日か来てもらい、旅館の中を診てもらい
簡単なレポートの提出を求めます。
そのレポートの内容に、経営者の理解できない内容が書かれていたら
その専門家とのつきあいはやめたほうがいいです。

専門家は、理解できない経営者に、理解できるよう
やさしく噛み砕いて、教えるのがその役目です。
それができない専門家は失格です。


ただ、ここに1つ落とし穴があります。
こういう局面にたった経営者は
専門家が言ったことを、自分の知識として
吸収して、自ら実践していかなければなりません。
これが経営者にとって、一番大変ですが、重要なことです。

~本日は昨日と打って変って晴天で、気温も上昇。
 寒暖の差はありますが、「寒い」から「暑い」は気分的に上がります

リスケを申し入れるときに金融機関へ提出する経営改善計画書の記載事項を挙げてみました。経営改善計画書を作成する上で、頭を悩ましている経営者の方、ご参考にしてください。

 
今回は収益向上策です。
収益向上策というと、マーケティングや新製品開発という用語が良く出てきます。
これらを実行するとなると、中小企業の経営者の方にとって、資金、人、時間を要する一大事になってしまいます。


そこで今回は、既存事業を利用した収益向上策を提示します。
それは「買い手に財だけでなく、サービスも合わせて提供する」ことです。


例えば、
「魚屋が、魚だけでなく魚料理を提供する」
魚屋の店主であれば、魚のプロです。魚の旬を知っており、どう料理したら一番わかるはずです。一般の人より、おいしい魚料理を提供することができるはずです。この魚料理の提供がサービスであり、収益向上につながります。

 

その他の例としては
・「米屋が、おにぎりを提供する」
・「楽器屋で、音楽教室を開く」 等

追加投資も、新製品開発に比べれば小さくすることが可能となります。


真面目に経営改善に取り組みたいとお考えの経営者の方、力をお貸ししますので、そのときは下記連絡先までどうぞ。

http://www.frontier-research.info/
 

~この不況で経費等見直しをしようとお考えになる経営者が増えております。
 当研究所では、事業再生以外に経営改善支援も行っております。
 経営改善にお悩みの経営者の方、お気軽にご相談ください。~

 


リスケを申し入れるときに金融機関へ提出する経営改善計画書の記載事項を挙げてみました。経営改善計画書を作成する上で、頭を悩ましている経営者の方、ご参考にしてください。


材料、消耗品等経費のうち、年間購入量が多いものについて、都度発注している場合は、改善する余地があります。
それは、年間の購入見込量を購入先に事前に通知、単位当たりの値段をいくらかにするか、交渉します。
これにより、都度発注しているときと比較して、購入単価を低減させることができます。


真面目に経営改善に取り組みたいとお考えの経営者の方、力をお貸ししますので、そのときは下記連絡先までどうぞ。
 

http://www.frontier-research.info/

~外に出ると、風が心地良いです
 気分転換には散歩に出かけてはどうでしょうか~

 


経営者が金融機関に提出する経営改善計画書。それをただ形式的なものになってしまっては、もったいないです。実現可能な経営改善計画書を作成し、是非、実行して欲しいものです
そのためにも、当ブログの記載内容をご参考にしてくだされば幸いです。


「顧客との取り決めで、販売した商品の運送費を負担することに・・・、この運送費が負担になってきた場合、どうすればいいのでしょうか?」


解決策としてはいくつかあります。これから紹介します。
1.運送費を顧客負担にする
2.販売商品がある程度たまったところで、一括配送する

 

1、2でうまく交渉ができない場合は、次のような方法もあります。
「お客に倉庫まで取りにきてもらう。その分、販売価格を下げる等の交換条件を出す」
この方法はアメリカでの商慣習です。
経営改善もグローバルな視点が必要なのかもしれません。


真面目に経営改善に取り組みたいとお考えの経営者の方、力をお貸ししますので、そのときは下記連絡先までどうぞ。

http://www.frontier-research.info/
 

~参議院選に向けて各政党がスポーツ選手とか芸能人を候補者として擁立しています。
いわゆるタレント候補。その実力は未知数。
知名度だけで、投票してしまう有権者もどうかなと?
でも、タレント候補を擁立する政党自体がそもそも問題ではないかな

 


経営改善計画書を策定するにあたって、まず現状把握をしなければなりません。
特に、不採算店舗を抱えている場合、その現状把握に注意しなければなりません。


不採算店舗の現状把握の際に、よく実施されるのは経営者の視察です。
しかし、この経営者の視察では、不採算店舗の現状把握は不十分です。
経営者が来るとなれば、従業員は熱心に働く姿を見せようとします。これを見ても、経営者にとって有用な情報が取ることができません。


では、どのようにして不採算店舗の現状把握をすればいいでしょうか?
一番良いのは「覆面調査員」を使うことです。
「覆面調査」とは、会社外部の人物に実際に顧客として店舗を訪れてもらい、その店舗の実態を調査することです。


この「覆面調査員」の報告をもとにすれば、経営者は正確な現状把握を行うことができます。


経営改善計画書の策定にお困りの経営者の方、下記までご相談ください。

http://www.frontier-research.info/index.html
 

~「食べるラー油」が人気です。
 体重に気を使っている方は要注意です。
 カロリーは高いです。
 ごはんにバターやマヨネーズをかけて食べているのと同じ。
 (ごはんにバターやマヨネーズをかけると確かにうまいけど・・・)~

 


経営改善を実行していくうえで、避けて通れないのが、従業員の削減。
資金繰りを苦しくする、毎月の給料、福利厚生費の支払。


売上が下がってきているのだから、それに見合った人員の規模にしないと、倒産のへの道をまっしぐら。


そこで、経営者は従業員の削減に着手しなければなりません。
しかし、「従業員の削減なんてしたことはない。どうすればいいのか?」という経営者の方も多いのでは。


まず、従業員の削減に対して明確な戦略を持つこと。
それは「従業員の少数精鋭化」。
ただ、従業員を減らし、資金繰りだけ改善しても、意味はありません。
有能な人には、残ってもらうことが必要。


まず、特定の人を名指しで辞めてもらうこと、これは困難。
本人が悪いことをしたとか、会社に損害をもたらしたとか、会社を辞めてもらう相当の理由が必要。なにもしていない社員に対して、この相当の理由を見つけるのが大変。仮に見つけて、社員を解雇したとしても、その社員に「不当解雇」を理由に訴えられる可能性もある。


そこで、「希望退職」の方法で、従業員の削減を実行する。
「希望退職」を募ると、従業員の中には会社の将来に失望し、退職したいと言ってくる者もいる。そのなかに残って欲しい有能な従業員がいたら、会社に残さなければならない。
そのために、希望退職に応募してきた従業員善人と経営者は面談する。
この面談で、残ってもらいたい有能な従業員には、会社に残ってもらうよう、経営者自ら、説得する。

こうすることによって「従業員の少数精鋭化」を実現し、経営改善を実行する。


経営改善のことでお悩みの経営者の方、下記までご連絡ください。

http://www.frontier-research.info/contact/index.html
 

~日に日に、気温もあがり初夏が近づいてきます。
 土曜日、山に登り、山桜を観てきました。
 ソメイヨシノと違い、小さめで控えめな桜でした。
 なかなか風情がありました

 


経営改善をするうえで、固定費削減は重要です。
業種にもよりますが、固定費のなかで、大きな割合を占めるのが人件費。
人件費をどう削減するか、頭を悩ます経営者が多いと思います。
「従業員を減らせば、事業が回らなくなる・・・」

 

ただ、現状、不況で失業率は高いです。
経営者にとって高い失業率ということは、優秀な人材を獲得するチャンスでもあります。

 

ここで優秀な人材を獲得し、社員を少数精鋭化してしまうというのはどうでしょうか?
その少数精鋭化した社員に多様な業務を任せ、優秀な社員なので給与を少し高くする。
そうすることによって、固定費に占める人件費の割合は低くなります。

 

経営改善のことでお悩みの経営者の方、お気軽にご相談ください。
 

http://www.frontier-research.info/contact/index.html

~GWが明けました。仕事のほうはどうでしょうか?
 GWより仕事のほうが、案外楽だったりして・・・

 


製造業の場合の経営改善計画書に記載したほうがいい経営改善項目を列記します。参考に
してください。既に、着手して、実行している項目がある場合は、ご容赦願います。


1.販売後のアフターサービスに力を入れる
今や、新しい製品がポンポン売れる時代ではありません。それなら、販売後のアフターサービスに力を入れ、品質の信頼性を確保し、継続顧客にします。
「サービス・部品」に力を入れるということになります。


2.製品にプレミアを付ける
付加価値の高い製品を開発し、供給量を制限、プレミア感を顧客に与えます。


3.CAD(コンピューター支援設計)の導入
開発期間の短縮化を図ります。


4.金型の共通化
金食い虫の金型の共通化を図り、コストを下げます。


5.ジャスト・タイムイン方式の導入
部品メーカーから納入される部品は、組立ラインを流れる製品に同期化させます。それにより供給される部品在庫を圧縮を図ります。


6.フレキシブル生産の導入
同じ組立ライン上に、複数の製品を流します。
需要変動に応じたタイムリーな生産が可能となり、設備投資の節約にもつながります。


7.その他原価低減策の導入
素材の見直し、工程の削減、部品の共通化します。
 

以上です。
経営改善計画書の策定、実行でなにかお困りのことがありましたら、当研究所まで、お気軽にご相談ください。
 

http://www.frontier-research.info/contact/index.html

 

 

~気温も上がり、ビールがおいしい季節がやってきます
 近くのラーメン屋では、「冷やし中華」の看板が。
 もうすぐ、初夏です~

 


小売業をなさっている経営者が経営改善計画書を金融機関に提出するときに、役に立つ経営改善項目をあげてみました。
事業の規模、取扱商品、立地等のおかれている状況は異なると思いますが、ご参考までに。


1.インターネットにショッピングサイトを開く
赤字店舗は閉鎖。新規店舗を開くより、コスト面で効果が期待されます。
また、全てのサイズ、全ての色を店舗に準備するのは不可能です。店舗に置くのは、限られたサイズ、色の商品を置きます。それ以外は、インターネットで注文を受けるようにします。


2.アウトレットストアに進出
在庫処分の一環として、アウトレットに出すのは効果的です。

 

3.地場産業との連携
例えば、青果品は農協と契約して、地域性を前面に出します。

 

4.販売機会ロス、実質ロス(値下げロス、廃棄ロス)を失くす。
粗利益率の向上を狙います。

 

5.「掛け率取引」から「下代取引」への移行
「下代取引」にすると、オープン価格での販売が可能になります。
在庫の回転も良くなります。

 

6.物流業務のアウトソース
倉庫管理業務だけでなく、決済業務までやってくれる業者もあります。

 

7.共同仕入機構の加盟、発注先の集約
大量発注により、仕入コストの低減できます。

 

経営改善計画書の作成にお悩みの経営者の方、下記の相談窓口まで、お気軽にどうぞ。
http://www.frontier-research.info/
 

~業種によって、景気が回復しているところ、
 景気が悪化しているところと、まだら模様になっています。
 消費者向けの業種はいいですが、企業向けの業種は厳しいところが多いです。
 はやく日本全体が元気になってほしいです~


飲食業を経営している経営者の方で、金融機関にリスケを申し出るため、経営改善計画書を作成しなければなりません。
その経営改善計画書に「何を記載していいやら???」と経営者の方が多いのではないでしょうか?


「立地は繁華街?郊外店?」「和食、洋食、中華?」「居酒屋、ファミリー向け?」といろいろな違いはあるかと思いますが、共通的な経営改善項目を挙げてみます。


1.原価という意識をいま一度考える
材料のロスを少なくします。今まで、捨てていたもの(骨、あら等)をメニューに組み込むことができないか検討します。。
材料のロスを少なくすることにより、原価を売上で割った原価率が下がり、儲けがでます。


材料費、人件費、備品費、光熱費、地代家賃等を原価として把握するようにします。
会計の知識がなくても、原価計算はできます。
紙と鉛筆、そして電卓を用意し、原価を把握し、計算してみましょう。


2.地元の安い食材を使う
高級食材が高いのは、取り寄せるため流通コストが高いからです。
それを証拠に、高級食材の産地に行って、食べてみたら、
いつもの半額以下だった、なんて経験がありませんか?
地元の食材は新鮮で安い。「まさに味よし、利益もよし」です。


3.単価が高くて売れないメニューはやめる
このデフレ経済の中、単価が高いメニューが出ることはありません。
そのメニューのために、マンネリで高い材料を仕入れるのは、ロスを仕入れているのと同じです。
材料が廃棄され、原価率を跳ね上げているだけです。
長年の看板メニューで、やめるのに抵抗あれば、「予約制」にするのも1つの手です。。
予約を受けてから、仕入れをすればいいのです。


4.ドリンクメニューを増やす
ドリンクはお客に出すのに手間がかかりません。
また、食材のように数日で腐ることもありません。
売れば売るほど儲けが出ます。
ドリンクのおかわりが、追加オーダーを生むかもしれません。


5.フリーの新規客を呼び込む
メニュー表を店の表に出し、フリーの新規客が安心して入れる店にします。


以上です。
金融機関向けだけでなく、本当に実効性のある経営改善計画書を作成してもらいたいと考えております。
経営改善計画書の作成にお悩みの飲食業の経営者の皆様、そのときは、当研究所へご相談ください。
http://www.frontier-research.info/contact/index.html

Profile

高橋洋臣(たかはし ひろおみ)

フロンティア総合研究所所長。

1973年群馬県高崎市生まれ。

群馬県立高崎高等学校卒業。

明治大学政治経済学部経済学科卒業後、2000年10月、中央監査法人の業務開発本部に入所。
 

平成17年10月にフロンティア総合研究所を設立。所長に就任。

 

趣味は月1回、観劇かLiveに行くこと。

観劇では、特に歌舞伎が気に入っている。派手で殺陣がある演目(例えば「蘭平物狂」)が好み。

Liveはロックが中心だが、クラシック、タップダンスとジャンルを問わずに行くようにしている。Liveでの醍醐味は演奏者が出す気迫。

 

99086039_T.jpg

 

メルマガ購読・解除

経営者のための事業再生メルマガ
フロンティア総合研究所

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 
v