群馬の高崎に戻ってから4か月。
群馬の気候に体を合わせるのが大変ですね。
特にこの頃の寒さは・・・・泣きそうです
 これとした体調変化はありませんが・・・。

 

群馬と言えば温泉。有名ですね。


この温泉旅館、不景気の中、結構倒産しました。


ただ倒産しそうな温泉旅館が再生し、
生まれ変わって、生き生きとしている姿に変わったものも
見受けられます。


旅館の建物自体に手を入れ、
従前のサービスの改善しているようです。
もちろん、増える外国人宿泊の対策もとっております。


ここまでいくと、身内やお知り合いだけの知恵ではなく
やはり第3者である専門家の指導を受けていることが多いです。


でも老舗旅館の経営者の頭の中には
「伝統何百年の老舗旅館に第3者の専門家!?」
「だまされるかもしれない・・・」
経営者の頭の中はこんな状態ではないでしょうか?

 

このような経営者の方に、申し上げたいことがあります。
「その専門家とやらと納得するまで話し合ってください」
契約する前ですよ。

 

そこでその専門家が、
「理解のできない用語をまくしたてる」
「契約をしないと、それから先はノウハウなので言えない」
なんて調子なら、追い出してもいいです。


あと、別の方法もあります。
これは資金的も心理的にも余裕がある場合しかできまんかが。
「日払い」で何日か来てもらい、旅館の中を診てもらい
簡単なレポートの提出を求めます。
そのレポートの内容に、経営者の理解できない内容が書かれていたら
その専門家とのつきあいはやめたほうがいいです。

専門家は、理解できない経営者に、理解できるよう
やさしく噛み砕いて、教えるのがその役目です。
それができない専門家は失格です。


ただ、ここに1つ落とし穴があります。
こういう局面にたった経営者は
専門家が言ったことを、自分の知識として
吸収して、自ら実践していかなければなりません。
これが経営者にとって、一番大変ですが、重要なことです。

数か月前、群馬県高崎市にある関与先から
「単なる金融機関との交渉支援だけでなく、経営改善により深く踏み込んで支援して欲しい」とのお言葉を頂きました。

 


熟考した結果、
その関与先で、収益向上、コスト削減を含めた本格的な経営改善を行うことにしました。


金融機関との交渉を含む資金繰り管理だけでなく、事業計画策定、マーケティング、営業支援を含め事業再生を行っていきます。


今まで、自分なりに考えていました。
「事業再生といって、金融機関との交渉を含む資金繰り管理」を声高に叫んでいても、あまり意味がないということを。

会社自体を変えていかないと、真の「事業再生」にはならないということです。


私自体、新しい領域へ踏み出していきます。


その結果、拠点を東京から群馬県高崎市に移すことにしました。
HP等はまだ修正は終わっておりませんが。


当ブログで今後は「金融機関との交渉を含む資金繰り管理だけでない、真の事業再生の現場」について、書いていきたいと考えております。


今後も、当ブログをご愛顧のほどよろしくお願いします。


追伸
当事務所のとなりは水田、後ろは用水路、桜並木があります。
今晩もカエルの鳴き声を子守唄のかわりに・・・


車生活は歩くことが少ないので太るというのは、ウソです。
買い物のために、郊外にある大きなショッピングモール行きますが、その中を観てまわると、結構歩きます。そして疲れます
 

~東京は昨日から暑くなってます。
 昨日、エアコンのスイッチを入れましたが、何か変?
 冷たい空気が出てこない。「送風」状態です。
 エアコンの故障です

 


破産前に資産を外部に流出させて、民事再生法違反容疑が「SFCG」の社長に掛けられております。


私は、これと似たような現象が今日も、日本のどこかで起きているのではと考えてしまいます。


自己破産経験者で
「自宅の名義を自分自身ではなく、他人の名義にしておけばよかった。そうすれば自宅は競売に掛けられなかったのに。自宅を手放すこともなかったのに」
と他人につぶやくひとがいます。


たしかに、自己破産しても、自宅の名義が他人の名義であれば、自宅を手放す必要はありません。正しいです。


しかし、借入金が返済が厳しくなり、困りはてた経営者で、もしかしたら自己破産も・・・なんて考えるときに、
さっきの自己破産経験者のつぶやき
「自宅の名義を自分自身ではなく、他人の名義にしておけばよかった。そうすれば自宅は競売に掛けられなかったのに。自宅を手放すこともなかったのに」
が耳に入ります。


そうすると、
「自宅の名義を他人の名義に変えてしまおう。そうすれば、自宅は守れるかもしれない」


もし、自宅以外の財産があれば、
「自己破産して、競売に掛けられ、どうせ金融機関に持っていかれるなら、今までお世話になったあのひとにあげてしまおう」


借入金が返済が厳しくなり、困りはてた経営者の方、上記のような安易な考えで行動することはやめたほうがいいです。


この段階で、自分所有の財産を、他人の名義に変更すると、金融機関から「詐害行為」であることで訴えられることが多いです。
ほとんどの場合、裁判で金融機関の言い分は認められてしまいます。


よって、借入金が返済が厳しくなり、困りはてた経営者の方、この段階での自己所有の財産の名義変更はやめたほうがいいです。
金融機関に訴えられ、弁護士費用がかかり、裁判所では「負け」状態。
経営者にとって、悪いことばかりです。

 

~東京も朝から雨です。
 ところで、天気予報のマーク、「晴れ」「曇り」は天気そのものを表しています。
 しかし、「雨」のマークは、天気そのものではなく「傘」のマークです。
 なぜでしょう?ちょっと気になっている謎です~

 


従業員の中には、この不況時にも優秀な成績を上げる者もいます。
この優秀な従業員、こころの中では経営者に対して
「頑張っているから、もっと待遇を良くしてくれないかなあ」と思っていることがあります。


優秀な従業員なかには、経営者に直談判する者も出てきたりします。
「もっと、給料を上げてほしい。そうでないと、ライバル会社に行く」なんていう調子で。


経営者にとって、頭が痛い話です。
給料をアップすれば、資金繰りが更に苦しくなる。
給料をアップするのを断り、優秀な従業員に辞められたら、売上を落ち、これも資金繰りが苦しくなる。


実は業績給や歩合給にすると、従業員にとってもちろんメリットはありますが、デメリットもあります。
経営者はそのデメリットを盾にして、優秀な従業員を交渉してみたらどうでしょうか?


それは、住民税の課税タイミングの話です。
住民税は、前年度の所得をもとに決定されます。
よって、業績給・歩合給にして、手取りが一定、もしくは増え続ける場合は問題はありません。
問題なのは、業績給・歩合給にして、給料が上がって、その翌年度給料が下がった場合です。
住民税は、前年度の高い給料で計算され課税されるますので、その翌年、給料が下がれば、その従業員の手取りはかなり減ります。
このような従業員は、業績給・歩合給のときに気前よく出費して、貯金してなければ、たちまち生活苦に陥ってしまいます。


経営者が優秀な従業員が業績給・歩合給にしてくれと迫られた場合、上記のデメリットを交渉材料の1つにしてみるのはどうでしょうか?

 

~先日、異業種の方とお話する機会がありました。
 目的は一つでも、様々な方法があることに気づきました。
 経営者は日々の仕事に追われ、取引先や同業者とのつきあいばかりで、
 視野が狭くなりがちです。
 新たな世界を発見するために、異業種交流会や地域でのボランティア等に
 積極的に出席するのもいいかもしれません~

 

 


「経営コンサルタント」「事業再生コンサルタント」という肩書きで
活動しているひとのなかに残念なひとがいます。


「経営コンサルタント」と名乗り、「儲かるから」と言いながら、
社長に近付き、詐欺等の違法行為に巻き込もうとする者。


「事業再生コンサルタント」と名乗り、「私に任せておけば大丈夫」と言いながら
社長に近付き、手形帳や小切手帳を手に入れ、倒産に追い込む。
倒産後、企業にある在庫を二束三文で売り飛ばし、利益を得る者。


会社だけではありません。
経営に明るくない開業医の先生なんかも、狙われているようです。


では、どのようにして怪しい「経営コンサルタント」「事業再生コンサルタント」を
見抜けばいいのでしょうか?


以下は私の個人的意見です。
通常、コンサルタントに相談すると、1~2時間くらいの相談で、相談料を取ります。
相談料が、無料や極端に安いのは注意したほうがいいです。
相談料が無料や安いのは、そのコンサルタントが、経営者であるあなたをはめて、あとで莫大な利益を得られると目論んでいるからです。


経営者にとって耳触りのよくないことをまったく言わないコンサルタントも注意です。
要は調子のいいことしか言わないコンサルタントです。
こういうコンサルタントは、経営者に取り入り、経営者を自分の意のままにすることが目的です。


経営者の皆様、怪しいコンサルタントに注意してください。

~ベランダの家庭菜園、芽が出てきました。
 生命の息吹とやらを感じています

 


経営者を悩ます資金繰り悪化。
その原因は、「経営者であるあなたです」と言われてしまえば、それまでです。


「毎月、資金繰り表を作成しましょう!」とのアドバイス。
その通りです。


経営者をやっていれば、誰でもわかります。
顧問税理士からも言われているはずです。


資金繰り表を作成しても、資金繰り悪化の兆候をつかまないと意味がありません。


その資金繰り悪化の兆候とは?
下記はその一例です。


まず、収入に目をつけます。
「過去の売上がほそぼそとしか回収されない」
これが資金繰り悪化の兆候です。


次に、支払に目をつけます。
「仕入代金の支払いが増えていく」
これが資金繰り悪化の兆候です。
 

~昨晩は映画の試写会に行ってきました。
 アメリカ映画です。
 観ていて、ちょっとびっくりしたことがありました。
 それは、買い物をしてお金を渡すとき、お金を無造作に放り投げることです。
 お金に対する感覚が、日本人と違うみたいです~

 


中小企業の経営者の皆様、中小企業再生支援協議会というのはご存じでしょうか?

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/saisei/index.html

中小企業再生支援協議会へ相談し、断られてから、当研究所に相談に来る経営者の方がいらっしゃいます。


その経営者の方が言うには、
中小企業再生支援協議会から、相談員が会社にやってきます。
そうすると相談員が、ちらっと決算書を見て、経営者とロクに話もせず、
「支援はできない。事業の再生可能性が低いし、債務が多すぎる」とか言って、対応をしてもらえないようです。
なかには、暗に「自己破産したら」というようなことをほのめかす相談員もいるそうです。
これでは経営者は落ち込みます。
「そんなこと言われるなら、最初から呼ばなければよかった・・・」


この中小企業再生支援協議会ですが、
事業再生を専門にした弁護士、会計士、税理士、中小企業診断士が相談にのってくれて、ヒアリングし、再建計画を策定し、金融機関との交渉まで引き受けてくれるとのことです。
引き受けるには条件があり、例えば
・3年間で債務超過を解消できること
・再生の可能性が高いこと等、結構その条件は厳しいものとなっています。


中小企業再生支援協議会が支援を引き受けてくれると、
期間は約6カ月、費用は数百万程度となるそうです。


では、なぜ中小企業再生支援協議会が再生が必要な中小企業の支援を断るか?


私なりに考えてみました。
この中小企業再生支援協議会、国民の税金が投入されております。
そうなると必要となるのは再生の成功実績数です。
この再生の成功実績数を上げるにはどうするか?
簡単です。中小企業再生支援協議会としては、再生可能性が高い企業だけを選んで、再生すればいいです。
仮に、再生可能性が低い企業に手を出し、再生実績が下がれば、中小企業再生支援協議会の存在意義が問われてしまいます。
 


中小企業再生支援協議会の利用方法はどうすればいいのでしょうか?
経営者が自分の会社を傷が浅いとお考えになるなら、行ったほうがいいです。
初回の相談料はタダなので。


中小企業再生支援協議会の利用は無理そうだとお考えの経営者、中小企業再生支援協議会の相談で支援を断られた経営者の方、あきらめるのはよくないです。
そのときは、当研究所までご相談ください。
http://www.frontier-research.info/
 

~本日は昨日と打って変って晴天で、気温も上昇。
 寒暖の差はありますが、「寒い」から「暑い」は気分的に上がります

リスケを申し入れるときに金融機関へ提出する経営改善計画書の記載事項を挙げてみました。経営改善計画書を作成する上で、頭を悩ましている経営者の方、ご参考にしてください。

 
今回は収益向上策です。
収益向上策というと、マーケティングや新製品開発という用語が良く出てきます。
これらを実行するとなると、中小企業の経営者の方にとって、資金、人、時間を要する一大事になってしまいます。


そこで今回は、既存事業を利用した収益向上策を提示します。
それは「買い手に財だけでなく、サービスも合わせて提供する」ことです。


例えば、
「魚屋が、魚だけでなく魚料理を提供する」
魚屋の店主であれば、魚のプロです。魚の旬を知っており、どう料理したら一番わかるはずです。一般の人より、おいしい魚料理を提供することができるはずです。この魚料理の提供がサービスであり、収益向上につながります。

 

その他の例としては
・「米屋が、おにぎりを提供する」
・「楽器屋で、音楽教室を開く」 等

追加投資も、新製品開発に比べれば小さくすることが可能となります。


真面目に経営改善に取り組みたいとお考えの経営者の方、力をお貸ししますので、そのときは下記連絡先までどうぞ。

http://www.frontier-research.info/
 

~東京は暑いです。
 今年初めて、扇風機の登場です。
 今日のお昼は「ひやむぎ」にします

 


資金繰りが悪化してくると、経営者は慌ててしまいます。
「収入より支出が超えそうだ」


そこで、まず思いつくのが付き合いのある金融機関に追加融資を申し込むことです。
金融機関の出向く前に、直近の決算書を見ます。
その決算書が黒字であればいいですが、赤字であると、経営者の顔は曇ってしまいます。
「赤字の決算書では、金融機関から融資を受けられない・・・」


「そうだ!決算書を黒字ですればいいんだ!金融機関から融資を受けられる」

「まずは、収益を増やす。そのためには、売上をもっと大きめにして・・・、それに見合って売掛金を増やして・・・」


この辺でやめときましょう。粉飾決算の指南をしている場合ではありません


金融機関から融資を受けるために、決算書を粉飾しようとお考えの経営者の方。
下記のURLをクリックしてみてください。

 

http://www.frontier-research.info/services/start2.html


内容をご確認ください。決算書の粉飾に手を染めただけで・・・、
はっきり言って地獄行きです。
金融機関から融資を受けるために、決算書を粉飾しようと考えている経営者のあなた、やめておいたほうがいいです。
 

~この不況で経費等見直しをしようとお考えになる経営者が増えております。
 当研究所では、事業再生以外に経営改善支援も行っております。
 経営改善にお悩みの経営者の方、お気軽にご相談ください。~

 


リスケを申し入れるときに金融機関へ提出する経営改善計画書の記載事項を挙げてみました。経営改善計画書を作成する上で、頭を悩ましている経営者の方、ご参考にしてください。


材料、消耗品等経費のうち、年間購入量が多いものについて、都度発注している場合は、改善する余地があります。
それは、年間の購入見込量を購入先に事前に通知、単位当たりの値段をいくらかにするか、交渉します。
これにより、都度発注しているときと比較して、購入単価を低減させることができます。


真面目に経営改善に取り組みたいとお考えの経営者の方、力をお貸ししますので、そのときは下記連絡先までどうぞ。
 

http://www.frontier-research.info/

Profile

高橋洋臣(たかはし ひろおみ)

フロンティア総合研究所所長。

1973年群馬県高崎市生まれ。

群馬県立高崎高等学校卒業。

明治大学政治経済学部経済学科卒業後、2000年10月、中央監査法人の業務開発本部に入所。
 

平成17年10月にフロンティア総合研究所を設立。所長に就任。

 

趣味は月1回、観劇かLiveに行くこと。

観劇では、特に歌舞伎が気に入っている。派手で殺陣がある演目(例えば「蘭平物狂」)が好み。

Liveはロックが中心だが、クラシック、タップダンスとジャンルを問わずに行くようにしている。Liveでの醍醐味は演奏者が出す気迫。

 

99086039_T.jpg

 

メルマガ購読・解除

経営者のための事業再生メルマガ
フロンティア総合研究所

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 
v